1911年1月12日、旧オーストリア・ハンガリー帝国の軍人、レルヒ少佐が、日本で初めて上越市でスキーを伝えたのを記念し、1月12日を「スキーの日」として祝い、レルヒ少佐を顕彰する式典が12日、同市大貫の金谷山スキー場で開かれた。

市民らでつくる「レルヒの会」(小堺昭一会長)などが主催した。同会のメンバー約15人が当時の服装で、少佐が伝えた一本杖(づえ)スキーを見事に披露。その後、参加者らがスキー場にある少佐の銅像に献花した。

式典では、村山秀幸市長が「スキーの歴史や文化、楽しさを、上越の地から発信していきたい」とあいさつした。
(毎日新聞)