3連休最終日 スキー場にぎわう3連休最終日の9日、県内は全域で時より雨が降るものの、おおむね曇りの天気となった。こうした中、シーズンの最盛期を迎えた白山ろくのスキー場では、大勢の家族連れや若者たちでにぎわった。

県内最大のゲレンデを持つ白山一里野温泉スキー場では、連休3日間で1万1000人あまりが訪れた。

9日は朝から雪が降り続き、山頂で160センチの積雪と、ゲレンデ内にある8つすべてのコースで絶好のコンディションとなった。こちらのゲレンデでは県内で唯一、幼児向けの「キッズパーク」も設けられていて、元気にそり遊びを楽しむ子どもたちでにぎわった。

今シーズンは3月末まで営業する予定で、2月いっぱいは利用客のピークが続くとみられている。
(テレビ金沢)