スノークイーンオブぐんまの佐藤唯さん(中)、田部井美樹さん(左)、早川香織さん(右)(写真:夕刊フジ)スキー伝来100周年の群馬県内の各ゲレンデは、今年も一面に広がる上質のパウダースノーがお出迎え。スノークイーンオブぐんまの佐藤唯さん(23)は、「群馬の雪質は本州で最高品質。初めてスキーやボードに挑戦する人でも、すぐに上達します」と笑顔で話す。

田部井美樹さん(26)も、「県内のスキー場は、どこもアクセス抜群。高速のインターから5分で着くこともできますよ」とアピール。早川香織さん(25)は、「どこも良質の温泉がセット。白濁から透明までさまざまな泉質がそろいます」と美肌効果に自信アリ。

県内22のスキー場では、応募者全員へのペアリフト券贈呈や抽選で豪華賞品が当たる「ぐんまスノースタンプラリー」を実施中。応募用紙は、各スキー場や道の駅での配布のほか、詳細が記載された群馬県観光国際協会のホームページ(http://gtia.jp/)でダウンロードできます。
(夕刊フジ)