大山北斜面にあるスキー場「だいせんホワイトリゾート」の4日までの来場者数が積雪に恵まれ、前シーズン比2・4倍と好調だった。積雪は5日現在で1・3メートルあり、同スキー場は「当分は雪の心配をせずに楽しめます」と話している。

12月23日のスキー場開き祭を2シーズンぶりに滑走できる状態で迎え好スタートを切った今シーズン。4日までに2万6300人のスキーヤーやスノボーダーが訪れた。

うち12月30日から今月3日までは初滑り客など1万4700人と同3・7倍を記録した。

前シーズンは、大みそかから続いた大雪のため道路が寸断され、元旦は休業に追い込まれるなど、苦戦した。
(毎日新聞)