不明のスノーボーダー3人を無事救助 長野長野県野沢温泉村のスキー場で、2日からスノーボーダー3人の行方が分からなくなっていましたが、3日朝、スキー場近くの山中で無事発見され、3人とも自力で下山しました。

無事が確認されたのは、埼玉県の44歳の男性と35歳の妻、東京都の38歳の女性です。警察によりますと、3人は2日の午前10時すぎ、野沢温泉スキー場の毛無山にスノーボードに出かけ、コース外を滑走していたところ道に迷いました。警察などが3日早朝から捜索したところ、午前8時20分ごろ、毛無山の山中にいた3人を上空から発見し、約2時間後に3人は自力で下山しました。

遭難対策協議会・上村忠男班長:「救助用のヘリが見えたので助かったような気配を感じていた。装備は良くしてあったので、一般のボーダーなら凍死して命も分からなかったがそこは良かった」

3人は沢の水を飲んだり持参していた食べ物を食べ、雪洞で一晩過ごしたということです。3人とも衰弱していて病院で手当てを受けています。
(ANN)