那須町湯本の町営・那須温泉ファミリースキー場で22日、シーズン中の安全祈願と降雪祈願を兼ねたスキー場開きが行われた。同スキー場には人工降雪機がなく天然雪のため、現在の積雪は数センチで、滑走可能になるのは来週から年明けとなりそう。

神事には高久勝町長ら約40人が出席し、スキー客の安全を祈願した。

同スキー場は初級、中級向けの4コースのほか、エリアをネットで区切り安全を確保したソリ専用コースなどを設けている。
(産経新聞)