「FIRST PLAY SNOW!ツアー」紹介ページJR東、200名を「GALA 湯沢スキー場」に招待

日本のスノーレジャー人口は、1990年代前半をピークに減少している。実際に、スノーレジャーを経験したことがなかったり、久しくスキー場へ行っていなかったりする方も多いのではないだろうか。

そんな中、JR 東日本が「GALA 湯沢スキー場」でのスノーレジャーを200名へプレゼントするという太っ腹な企画「FIRST PLAY SNOW!ツアー」を打ち出した。

「FIRST PLAY SNOW!ツアー」は、スキーやスノーボードなどの初心者に、スノーレジャーの「楽しさ」「手軽さ」「非日常感」を体感してもらうというもの。参加者には、往復の上越新幹線と「GALA 湯沢スキー場」のリフト&ゴンドラ1日券がセットになった「日帰りびゅう商品」がプレゼントされるほか、「ウェア・板レンタル」「スクール」「ロッカー」「SPA ガーラの湯」の料金も無料となる。昼食などに使える1,000 円相当の場内利用券も配布される。

応募資格は、18歳〜29歳の「スキー・スノーボードともに初心者」を含み、参加後に体験記を書くことができる1組2〜8人のグループ。募集人数は最大200名。
体験記は、JR 東日本では初となる公式 Facebook ページ「JR SKISKI」と、「JR SKISKI」の Web サイトで紹介される。列車内での高揚感、初めてスキー場を訪れたときの感動、リフト乗り場での戸惑いといったフィーリングや、熟練者では見落としがちなスキー場での斬新な楽しみ方など、初心者ならではの共感を呼ぶ体験記を紹介したいとしている。

また、「JR SKISKI」の Web サイトでは Facebook の「いいね!」ボタンと、共感した体験記への投票ボタンを配置し、最も共感を呼んだ体験記の執筆者には「びゅう商品券」5万円をプレゼントする。

同ツアーの応募期間は2011年12月18日までで、ツアーの実施期間は2012年1月10日〜2012年3月30日の平日。「目指せ中級者3回参加コース」と「まずは体験1回参加コース」の2つから参加回数を選ぶことが可能。応募は「JR SKISKI」の Web サイトで自己 PR を記載のうえ行える。

「GALA 湯沢スキー場」は、新潟県南魚沼郡湯沢町にあるスキー場。最寄駅のガーラ湯沢駅と直結していることから首都圏のスキー客に人気がある。標高差573m・全長約2.5km を滑走するロングコース「下山コース ファルコン」、バリエーション豊かなアイテムと飽きのこないレイアウトが人気のスノーパーク「GALA TERRAIN PARK」などが特徴。
(読売新聞)