青森市雲谷のモヤヒルズは10日、スキー場開きを予定していたが、積雪不足でゲレンデの無料開放とリフト営業を見送った。

毎年10日前後にスキー場をオープンしているが、この日は午前8時現在で積雪がわずか10センチ。ゲレンデの所々で土や草が露出しているため、中止した。モヤヒルズを運営している市観光レクリエーション振興財団の岩崎秀和さんは「天気ばかりはどうしようもない。昨夜から開放の問い合わせがあり、楽しみにしているお客さんが多く残念だ」と語った。

市内の小学6年、清藤達也君(12)は「1年ぶりにスキーができると思っていたから残念」と話していた。5年の三上葵君(11)は「中止で人がいなくて、貸し切り気分。ソリや雪合戦が思い切りできる」と声を弾ませた。
(毎日新聞)