3日午前4時50分ごろ、岡山県倉敷市児島柳田町の瀬戸中央自動車道下り線で川崎市中原区、会社員柳原博子さん(51)の乗用車がガードロープに衝突した。同乗していた息子の高校2年真央君(17)が車外に投げ出され、後続の大型トラック2台にひかれ死亡した。

県警高速隊によると、博子さんも頭に軽傷を負った。真央君はスノーボードの選手で、大会に出場するため愛媛県に向かう途中だった。

現場は片側2車線の緩やかな右カーブ。高速隊は事故の詳しい状況を調べている。
(共同通信)