県内のトップを切って蔵王町遠刈田温泉の「みやぎ蔵王えぼしスキー場」で1日、スキー場開きが行われた。標高1100メートルの石子ゲレンデはうっすらとと雪化粧したが「滑走不良」で、待望の初滑りはお預けとなった。

スキー場開きは午前10時半から始まり、石子ゲレンデで関係者約100人が出席。氷点下2・2度の身を切る寒さの中、神事で冬山遭難防止と安全を祈願した。ゲレンデの雪不足でプラカード滑走や模範滑走は中止となり、関係者のテープカットだけでスキー場開きを祝った。

スキー場関係者は「一日も早く寒波が来て、雪が降ってほしい」と話していた。今シーズンは、昨シーズンの10万2000人を上回る12万人のスキー客を見込んでいる。
(毎日新聞)