那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」(写真:産経新聞)那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で、人工降雪機によるゲレンデ作りが急ピッチで進められている。

県内のスキー場のトップを切って12月3日にオープンする上級者コース「ウォールストリート」(全長600メートル、幅45メートル)では、24日夕方から25日午前にかけて今季3回目の人工降雪作業が行われた。

「ゴォー」という轟音(ごうおん)をたてながら計33台の降雪機から一斉に吹雪のように人工雪が舞い上がり、ゲレンデに銀世界を作り上げる。
(産経新聞)