スキー場がオープンし、仮装姿で滑るスノーボーダーやスキーヤー(21日午前、静岡県裾野市で)=佐々木紀明撮影静岡県裾野市須山のスキー場「スノータウンYeti(イエティ)」が21日、今季の営業を始めた。

運営する富士急行(山梨県富士吉田市)によると、屋外スキー場では13年連続で日本一早いオープンという。

ゲレンデは富士山南麓の標高約1400メートルにあり、今月中旬から1日約650トンの人工雪を降らせて整備した。思い思いに仮装した約300人のスキーヤーやスノーボーダーが、約1キロのコースで初滑りを楽しんでいた。

埼玉県入間市の会社員中島徹さん(26)は「開放感があって最高に気持ちいい」と笑顔を見せていた。
(読売新聞)