スキーシーズンを前に始まった雪造り=三好市井川町の井川スキー場腕山冬の到来を前に、三好市井川町の「井川スキー場腕山」で11日、雪造りが始まった。
11月18日のオープンに向けて24時間態勢で人工造雪機を稼働させ、メーンゲレンデを雪で覆っていく。

製氷機6台を備え、1日に300トンの雪を出す人工造雪機を稼働させると、長さ約400メートルのパノラマコースに人工の雪が降り注いだ。スキー場の指定管理者である市の第三セクター「ふるさと夢企画」の職員8人が3交代で作業し、オープン前日までに、雪の高さが2〜3メートルになるように整備する。

今季の営業は来年3月21日までの予定。営業時間は午前9時〜午後4時半(土日祝日は午前8時半から)。毎週土曜日と年末年始は午後5時半〜同10時にナイター営業をする。
(徳島新聞)