スノーボード・パラレル大回転の第一人者、竹内智香(27)が、広島ガスと1日付で所属契約を結ぶことになった。9月30日に同社が発表した。契約は来年3月まで。

竹内は北海道旭川市出身。ソルトレークシティー、トリノ、バンクーバーの五輪3大会に連続出場し、最高成績はトリノの9位。2008〜09年のワールドカップ(W杯)総合3位の実績がある。昨季、親戚がいる広島に拠点を移した。

昨年11月からひろしま観光大使を務め、2月には北広島町で競技の普及やファンとの交流を目指した、ワールドスノーボードフェスティバルin広島2011を初開催した。

竹内は「W杯などで結果を残すことが私の使命。14年のソチ五輪を見据えて活動していくので応援をお願いしたい」とコメントした。
(中國新聞)