YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)米国の富裕層の間ではまだスキーをする人が多い。

これは、米リゾート大手ベイル・リゾーツ社のロバート・カッツ最高経営責任者(CEO)が、米CNBCに生出演して答えたもの。

「当社の顧客は年収20万ドル以上の方々が中心だが、消費動向そのものは悪くない」と現状の実感を語った。また、米国全体の景気が低迷している中で、リゾート全体の収益や同社の株価はダウンしているものの、スキーリゾートを訪問する数は前年と変わっていないという。

「(ハイエンドの)消費者たちは、自分の希望により忠実になり、たとえ高い金額でも支払うようになっている。だから当社も資本を投下しやすい環境にある」と分析した。

ベイル・リゾーツ社は、米国で最大手の山岳リゾート運営会社で子会社を通じて高級リゾート運営も行っている。
(YUCASEE MEDIA)