ゲレンデ一面に咲き誇るコスモス=岐阜県高山市丹生川町のほおのき平スキー場で2011年8月30日、宮田正和撮影高山市丹生川町のほおのき平スキー場にあるコスモス園でゲレンデ一面のコスモスが見ごろを迎えた。高原のさわやかな風にかれんな花が揺れ、秋の訪れを告げている。

同スキー場は、シーズンオフのゲレンデを花で飾って乗鞍岳などを訪れる人たちに楽しんでもらおうと、92年からコスモス園を開園。今年は、標高約1300メートルのゲレンデの一角約4ヘクタールに約500万本分の種と苗を植えたが、6月の天候不順などで成長が思わしくなく、7月に80万本の苗を植え替えた。

今月中旬ごろから花が咲き始めた。赤や白、ピンクの花で敷き詰められたゲレンデでは、チョウやハチが飛び交い、さわやかな風が吹いて観光客に初秋の訪れを感じさせている。

同園では9月3、4日に「飛騨にゅうかわコスモスまつり」を開催。バザーやふれあい動物園などが行われる。コスモスは9月下旬ごろまで楽しめるという。入場無料。
(毎日新聞)