burton夏本番、暑さの盛りではあるが、この冬もっともアツいイベントをご紹介しよう。そのイベントとは、六本木ヒルズで行われるスノーボードコンテストだ。スノボといえば、雪山のゲレンデではないのかとのご指摘を受けそうなのだが、会場は間違いなく東京・六本木の六本木ヒルズアリーナである。この大会は、街にある階段や手すり、壁を使って競技する「ストリートスノーボード」なのである。

このイベントは国内外からトップライダーが六本木に集結し、トリックを競い合いコンテストである。会場には、手すり・壁・階段を利用した幅8メートル、長さ10メートルの特設ステージが用意される。開催予定日は11月19日。積雪を期待するのには早すぎる時期なのだが、人工降雪で会場は一面雪景色に変わると思われる。

もちろんこのイベントはスノーボードファンなら誰でも見に行きたい激アツなモノだが、なかなかゲレンデまで子供を連れていけない親子連れでも楽しめる。
雪を敷き詰めた特設の斜面では、12 歳以下のキッズを対象としたスノーボード体験が実施され、スノーボードやブーツ、ウェアなど必要な道具は全て無料で貸出しをしてくれるのだ。また、アーティストによるスペシャルライブも予定している。

まだ日程以外の詳細は不明だが、気になる方はスノーボードブランドの「Burton」のFacebookページに参加した方が良いだろう。都会のど真ん中でプロスノーボーダーたちの演技が見られるとは今までに例を見ない、熱いイベントになるはずだ。
(ロケットニュース24)