浅見・青野選手らに県文化スポーツ賞愛媛県は30日、スポーツの国際大会で優秀な成績を残した県出身の5選手に県文化・スポーツ賞を贈った。

県庁で行われた表彰式には、柔道の浅見八瑠奈選手(コマツ、新田高出)とスノーボードの青野令、藤田一海両選手(ともに松山大)が出席。中村時広知事は「3人に長友、松山選手と(スポーツ界では)愛媛が元気。オリンピックでメダルを獲得して、次は県スポーツ大賞を」と激励した。

「ロンドン五輪に向けてこの1年が勝負。世界王者というプライドを持って戦う」と浅見選手。初受賞の藤田選手と2大会での受賞となった青野選手は「ソチ(ロシア)五輪に向けて2人で技術を高め合っていく」と抱負を語った。
(愛媛新聞)