砺波市では、スキー場のゲレンデに植えられている20万本のスイセンの花が見ごろを迎えています。

となみ夢の平スキー場では、ゲレンデの上の部分、およそ1ヘクタールに19品種およそ20万本のスイセンが植えられています。

今年は大雪と春先の低温でスイセンの生育は去年よりも2週間ほど遅れましたが、今は黄色や白の花が満開となっています。

夢の平スキー場では、スキーシーズン以外にも楽しんでもらおうと、春から初夏にはスイセンを、そして秋にはコスモスを咲かせています。

ゲレンデには「となみ」という花文字も浮かび上がっていて、訪れた人の目を楽しませています。

夢の平スキー場のスイセンは、来週後半までは花を楽しめそうだということです。
(KNB)