Every Third Thursday毎回自社工場「The Lodge」を保有していることをいいことに、思いつきで大まじめにスノーボードの可能性を広げてきた彼らですが、今回のテーマは「TERRY KIDWELL」です!

スノーボード創成期、世界初のシグネチャーモデルをリリースした伝説のSIMSライダー、TERRY KIDWELL!!
その歴史的名機とSIGNALとの記念すべきコラボレーション企画です!

KIDWELLのスタイルがスケートボードに深く影響を受けた事から、まずはそのルーツを知るべくPAUL SCHMITT博士を訪れ、スケートボードと全く同じ製法でその名機をよみがえらせます。

見所はその待ち時間、バックヤードに滑りに行くとそこに偶然居合わせたのはなんとMIKE RANQUET!
そのままDAVE LEEとMIKE RANQUETのボウルセッションという夢の競演が繰り広げられました。

そしてTHE LODGEに場所を移したDAVEが、誇らしげに「シュミット博士の板は3時間かかったけど、俺たちのは10分だぜ!」と、KIDWELLとともにSIGNAL/KIDWELLモデルの製作に取りかかります。

そして出来上がった2本の板とともにLAHOEへ!

リフトの上でKIDWELLが現在の最先端とされるロッカーとキャンバーの複合シェイプについて言及しています。どうやら85年あたりにすでに作っていたようですね!

随所にスノーボードの歴史がちりばめられた、記念すべき10回目にふさわしい深い内容となっております。