GWを前に… 神鍋高原 山開きゴールデンウィークを前に兵庫県豊岡市の神鍋高原では、山開きの安全祈願が行われました。

気温7度、冷たい風が頬をさすなか、標高350メートルの豊岡市日高町の神鍋高原では地元の関係者らおよそ40人が参加して、山開きの神事が執り行われました。

今年は例年になく雪が多く、先月27日まで人工スキー場として賑わいましたが、これからのシーズンはグラススキーやハイキング、パラグラーダーなど春のレジャーを目当てに大勢の観光客らが訪れるため毎年、この時期に安全祈願を行っています。

「いよいよ春本番ということで。安心安全で心のこもったもてなしでお客さまを迎えたい」(神鍋観光開発協同組合 下坂敷眞理事長)

ゴールデンウィーク中はパターゴルフ場などがオープンするなど、多くのイベントも企画されているということです。
(MBS)