国際オリンピック委員会(IOC)は6日、2014年ソチ冬季五輪でスキーのジャンプ女子やフィギュアスケート団体など6種目を新たに採用すると発表した。

フリースタイルスキーの男女ハーフパイプ、バイアスロンの混合リレー、リュージュのリレーも採用される。種目の多様性、若者の間の人気や男女平等を高めることが、採用基準になったという。

このほか候補となっていたフリースタイルスキーの男女スロープスタイル、スノーボードの男女スロープスタイル、アルペンスキー団体についてはさらに調査を行い、5─6月に採用の可否が決定する見通しとなっている。
(ロイター)