実際にはない機能を札に表示して商品を販売していたとして、消費者庁は30日、景品表示法違反(優良誤認)で、スポーツ用品大手のアシックス(神戸市)に再発防止を求める措置命令を出した。

同庁によると、同社は昨年8〜11月、下げ札などに「はっ水素材使用」と表示した女性用靴を約1300足、「裾上げシステム」と表示したスノーボード用ズボンを約800本、全国で販売したが、実際にはそうした機能はなかった。

担当者が、製造委託先に仕様変更を指示した際に札などの担当に連絡を怠っていたという。
(時事通信)