スキー場内に設けられた義援金特別ブース=茅野市で東日本大震災の被災地を支援するため、茅野市北山のピラタス蓼科スキー場は28日から「チャリティースキー」としてゲレンデを無料で開放するとともに特別ブースを設けて義援金の呼びかけを始めた。4月1日まで。

初日は午前中だけで90人が義援金を寄せたという。全額が日赤を通じて寄付される。東京都港区から親子3人で訪れた会社員(45)は「震災前から予約していたので訪れた。被災地を元気づけたくて協力しました」と話していた。

同スキー場は現在、ともに400メートルのしらかばコース、もみの木コース2本が滑走可能。午前9時から午後4時まで。問い合わせは同スキー場=電0266(67)2009=へ。
(中日新聞)