長野運動公園で雪のイベント 戸隠スキー場から30トン長野市東和田の長野運動公園で27日、同市の戸隠スキー場から運んだ雪約30トンでスキーやスノーボードの技を競う大会が開かれた。

参加者が宙返りなどの技を決めるたびに、観客から歓声と拍手が湧き起こった。

約70人が特設コースを次々と滑走。そばではスキーウエアの家族連れが雪像を作ったり、そりで滑ったりした。茨城県阿見町から訪れた横山瑛吾君(4)は「こんなにたくさん雪を見るのは初めて」と驚いていた。

東日本大震災の被災地を支援しようと、会場では募金や物資を受け付けた。実行委員会は「イベントの元気を被災地にも届けたい」。
(信濃毎日新聞)