スノーボードのW杯は26日、スイス・アローザでハーフパイプ(HP)最終戦を行い、この大会を欠場した男子の青野令(松山大)は種目別で2位に終わり、2季ぶりの優勝はならなかった。

ネイサン・ジョンストン(豪州)が初の種目別優勝を飾った。
(サンスポ)