白馬村の白馬八方尾根スキー場近くで雪に埋もれた男性の遺体が見つかった事故で、大町署は12日夜、男性の身元は11日に行方不明になっていた3人のうちの1人で同村北城の山岳ガイド、石川哲也さん(31)と確認。

さらに13日に2人の遺体を発見し、行方不明の2人と確認した。

見つかった2人は、石川さんの仕事仲間で同村北城の山岳ガイド、市川昌さん(42)と松本市島立、県職員、林哲央さん(39)。

同署によると、石川さんは小日向山(1907メートル)付近の深さ約3メートルの雪の中で発見。2人は北に約150メートル離れた雪の中で見つかった。3人は11日に日帰りでスキーに出掛け、雪崩に巻き込まれたとみられる。
(毎日新聞)