スノーボードのワールドカップ(W杯)は12日、イタリアのバルドネッキアで行われ、スロープスタイルの男子はアレクセイ・ソボレワ(ロシア)、女子はカタジナ・ルシン(ポーランド)が優勝した。

11日のハーフパイプは男子がネイサン・ジョンストン、女子がホリー・クロフォードとオーストラリア勢が制した。

ジョンストンは欠場した青野令(松山大)を抜き、残り1試合で種目別のトップに立った。
(共同通信)