室蘭の市民ゲレンデ・むろらん高原だんパラスキー場は12日、今季のナイター営業(午後4時〜同9時)を終えた。通常営業(午前9時〜午後4時)の終了は21日を予定している。

今季のナイター営業は昨年12月27日にスタート。最終日は午後6時前の日の入りごろから、若者たちが続々とゲレンデに訪れ、照明を背景に弧を描いて滑りを楽しんだ。

スノーボード歴15年の高砂町の主婦(50)は、13日のテクニカルマッチに向けて練習。「ここ数年は夜の方が雪が締まってコンディションがいい」と滑りを満喫した。

運営する室蘭リゾート開発の山川直人施設課長は「14日から1千円で滑り放題が始まります。雪は十分ありゲレンデは毎朝整備している。今季最後の滑りを楽しんでもらいたい」とアピールしている。詳細は同スキー場、電話0143・43局5600番へ。
(室蘭民報)