Photographs : Shigeyasu Gushima新潟にスキーが伝来し、今年でちょうど100年。歴史的に見ても日本のウインタースポーツの聖地といえるこの北国に、この冬、大人のためのスノーボードパーク「BLUE WINDY PARK」が出現した。

苗場プリンスホテルに隣接するこの純白の公園は、アクティブな冬を過ごしてもらう目的で、「疾走。体感。」をテーマに、マイルドセブンの協賛を得て誕生。

個性豊かな3つのスノーボードコースを、成人を対象に提供している。

起伏に富んだ傾斜がリズミカルな滑りを生み出す「Rhythm Course」に、スムースかつ伸びやかな滑走が満喫できる「Smooth Course」。そして、宙を舞う爽快なジャンプが楽しめる「Dynamic Course」。それぞれボーダーのレベルに応じて、“疾走”を体感できる設計が特徴となっている。

また、パーク内に設置されたスモーキングラウンジもまた、大人仕様の特別な空間に仕上がっている。

カフェスペースでは、クラムチャウダーやホットワインなど、心と体を温めてくれるメニューが充実。特筆すべきは、『マルゲリータ』や『ハム&ルッコラ』など、一枚ずつ丹念に窯で焼き上げる4種のピザ。この氷点下の世界で口にする焼きたての一枚からは、星付きレストランにも負けない深い味わいが感じられるはずだ。

風と共に駆け抜ける疾走感と宙を舞う躍動感。白銀の公園を舞台に、全身で冬を感じてみてはどうだろう。
(東京カレンダー)