スノボW杯、竹内2季ぶりの2位 パラレル回転スノーボードのワールドカップ(W杯)は5日、モスクワでパラレル回転を行い、女子で竹内智香(広島ホームテレビ)が自己最高に並ぶ2位に入り、2009年2月以来となる2季ぶりの表彰台に上がった。

竹内は決勝で地元ロシアのエカテリーナ・ツジゲシェワに敗れた。

男子はローラント・フィシュナラー(イタリア)が優勝した。
(共同通信)