男子ハーフパイプ 28.3点で優勝し、W杯2連勝で通算8勝目を挙げた青野令(松山大)=26日、カナダ・カルガリーハーフパイプスノーボードのワールドカップ(W杯)は26日、カルガリーで行われ、ハーフパイプ(HP)第4戦の男子で青野令(松山大)が28・3点で、2季ぶりに勝った第3戦に続く通算8勝目を挙げた。

15歳の平岡卓(フッド)は25・8点で5位、細川孝介(クルーズ)は11位、藤田一海(松山大)は決勝を棄権して12位だった。

女子第3戦で自己最高の3位に入った17歳の松本遥奈(クルーズ)は22・3点で3位になった。蔡雪桐が24・9点で今季3勝目、通算を4勝目とした。

スロープスタイルの男子はクレメンス・シャットシュナイダー(オーストリア)が、女子はアリソン・キャロル(米国)が制した。
(共同通信)