日本オリンピック委員会(JOC)は25日、東京商工会議所でトップ・アスリートの就職支援プロジェクト「アスナビ」の説明会を開いた。昨年10月の経済同友会に続いて2回目。

これまでアスナビを通じては、第一三共に内定した競泳の古賀淳也ら、4人が就職を決めている。

今回の説明会には、同じくキッコーマンに内定したカヌーの竹下百合子や、トリノ、バンクーバー両五輪に出場したスノーボードの家根谷依里ら6選手が出席した。

北海道東海大卒業後、地元・神戸で後援会に活動資金を頼っている家根谷は「五輪シーズンが終わると資金繰りが苦しくなる。夏の間は自分も結婚式場でアルバイトをしながらトレーニングをしてきた」と訴えた。

また、ビーチバレーボールのプロ選手として活動する、朝日健太郎は「個人でのスポンサー集めに限界を感じてきた。支援してもらえるだけでなく、スポーツを通じて企業にも元気になってもらえるようにしたい」と話した。

企業側は約150人が出席。荒木田裕子・JOC理事は「アスリートも支援を求めるだけでなく、企業にどう貢献するかを考えなければいけない」と話した。
(毎日新聞)