写真=好天の下、樹氷群を縫うように滑走するスノーボーダー=21日午後1時すぎ、八甲田の田茂萢岳好天に恵まれた21日、青森市の八甲田は、樹氷見学の観光客や山岳スキーを楽しむスキーヤーなどでにぎわった。

八甲田ロープウェーによると、昨年は樹氷の出来が良くなかったが、今年は全体的に大きくそろっているという。

田茂萢岳のロープウェー山頂駅周辺では、観光客が“白いモンスター”をバックに記念撮影。スキーヤーやスノーボーダーが、樹氷に覆われた斜面に吸い込まれていった。

岡山市からスノーボードショップのツアーで来ていた会社員木畑健一さん(24)は「八甲田は初めて。山々が全部見渡せ、心が洗われた。樹氷の中を滑るフリーランがおもしろい」と、カラフルなウエアで仲間たちと滑走を楽しんでいた。
(北海道新聞)