ピートゥ・ピロイネン2月12日にドイツのミュンヘンで行われたAir & Style Munich 2011で、ピートゥ・ピロイネンが優勝を果たしました!

トーナメント方式で勝ち上がる今回のコンテスト。どんなコンテストでもメイク率が高く安定感を誇るピートゥは順調に勝ち上がり、ファイナルランはCab1260ミュートからジブではフロントサイドボードスライド270アウトをスムーズに繋げ、93.07ptという高得点を叩き出しました。

ケリー・クラーク2位に入ったセップ・スミッツも、素晴らしいライディングを見せ、ファイナルは僅差の戦いでした。ピートゥもセップも同じCab1260ミュートでファイナルを競い合い、どちらもしっかりとメイク。勝敗を左右したのはトリックの完成度でした。

ファイナルランのムービーがアップ(ピートゥセップ)されています。ぜひご覧下さい!

アメリカ・ユタ州Snow Basinで開催されたWinter Dew Tour Snowbasin。ハーフパイプ女子では、またもケリー・クラークが優勝に輝きました。

ケリーは、6週間という短期間の中でBurtonヨーロピアンオープン、Burtonカナディアンオープン2011、Winter X-Games 15など6回の優勝を飾り、女子ハーフパイプコンテストでは他の選手を寄せ付けない並外れたライディングを披露しています。

また、今大会でも1080をメイク。持ち味であるハイエアーからくり出されるスピンはスタンダードエアー以上の高さが出ており、とてもダイナミックです。

スロープスタイル男子では、マーク・マクモリスが2位に入っています。

ケリーとマークのライディングを、ハイライトムービー(ハーフパイプスロープスタイル)でチェックして下さい。

鬼塚雅2月5日、湯沢高原スキー場Faninari Parkで開催されたPeanut Butter and Rail Jam 2011。

Stone型ボックス、ダブルダウンキンクレール、ダウンボックスというレイアウトで行われたこの大会で、鬼塚雅が貫禄の滑りで優勝!4月16日にカリフォルニア州マンモスで開催されるPBRJチャンピオンシップスの出場権を手にしました。このコンテストはオンライン中継される予定 になっています。昨年2位と悔しい思いをした鬼塚雅の滑りにご注目を。

また雅はこの後新潟県・石打丸山で行われるFORUM JIB BATTLEにも参戦する予定です。こちらも必見!

國母和宏USのSnowboarder MagazineのWEBサイトでは、國母和宏の特集が組まれています。

今回はX-Gamesの後、カリフォルニアで過ごすカズの様子が、カズ自身の英語でのキャプションと共にアップされています。ぜひ覗いてみて下さい。