W杯7勝目を挙げ喜ぶ青野令(左)と3位の藤田=ストーンハム(AP)スノーボードW杯(18日、カナダ・ストーンハム)男子ハーフパイプで日本選手が3人並ぶ表彰台の頂点に立った20歳の青野は「勝てて良かった」とシャンパンファイトで喜びを爆発させた。

濃い霧で開始が遅れた決勝の1回目。得意の横3回転など、大きく高く四つの横回転技などを決めて27・8点の高得点をマークした。

「気象条件が良くなりそうになかったので、こういう結果になるとは思っていなかった」と話した。

種目別得点を1800点に伸ばしてトップに。2008〜09年シーズン以来の種目別優勝も見えてきた。
(共同通信)