巨大に成長した樹氷群=山形市の蔵王温泉スキー場で、丸山博撮影山形市の蔵王温泉スキー場で樹氷が例年以上に大きくなり、スキーヤーや観光客が歓声を上げている。

樹氷は、地蔵山(標高1736メートル)の山頂から中腹に茂る常緑針葉樹のアオモリトドマツに着氷と着雪が繰り返してできる。大きいと高さ4〜5メートルになるが、今年は寒波が続いた影響で例年の1.5倍ほどに成長。

毎年写真撮影に訪れるという京都市山科区の飲食店経営、別所とあ子さん(66)は「今年は一段と幻想的」と話していた。
(毎日新聞)