スノーボードのW杯は9日、韓国の竜平でパラレル回転を実施し、女子の竹内智香(広島ホームテレビ)は決勝トーナメント1回戦で敗れて15位だった。

その他の日本勢はいずれも予選落ちし、女子の家根谷依里(へそ曲りク)は24位、男子の斯波正樹(ジャパンファクトリー)は17位、吉岡健太郎(ナッツ)は31位。

優勝は男女ともにオーストリア勢で、女子はマリオン・クライナー、男子はベンヤミン・カールだった。
(共同通信)