30日午後6時頃、石川県白山市河内町内尾の金沢セイモアスキー場から、「男性客がスノーボードで滑走途中に行方不明になった」と県警鶴来署に通報があった。

同署によると、行方が分からなくなっているのは、金沢市の男子大学生(22)。大学生は友人と一緒にスキー場に来ていて、午後3時45分頃、山頂から下りてくる途中で行方が分からなくなったという。

友人からの連絡で、スキー場関係者らがゲレンデ付近を捜索したが、見つからなかった。同署は、31日午前7時から消防などと40人体制で捜索している。
(読売新聞)