46度の傾斜に果敢に挑むスノーボーダー=滋賀県米原市の奥伊吹スキー場滋賀県米原市の奥伊吹スキー場に、最大斜度46度の急傾斜コースがお目見えした。壁を滑り降りるようなスリル感がスキー・スノーボード客の人気を集めている。

「恐らく国内2番目」という最上級者向けのニューチャレンジコースで、全長400メートル、高低差180メートル。注意を呼びかける看板もあり、度胸自慢の心をくすぐる。

利用客の減少で閉鎖していたコースを十数年ぶりに復活させた。話題性で人気回復を図る狙いだが、「経営は『攻め』でも、滑るときはあくまで安全に」とスタッフ。
(朝日新聞)