スノーボード・世界選手権第4日(19日、スペイン・ラモリナ)HPで2連覇の期待がかかる青野は、予選1組の2回目に26・3点(30点満点)の高得点をマーク。全体のトップタイで20日の決勝進出を決めた。

バンクーバー冬季五輪で2連覇したホワイト(米国)ら強豪や今季はプロ活動に専念している国母和宏らが不在の中、優勝を十分狙えるが「決勝は自分の滑りができればいい。結果はどうでもいい」と力みはなかった。
(共同)