鳥取のスキー場で雪崩、4人死亡鳥取県江府町の奥大山スキー場で31日、雪崩が発生し、スキー場の男性パトロール員4人が巻き込まれて生き埋めになった事故で、救助された4人は搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。

鳥取県警黒坂署などによると、死亡が確認されたのは、町臨時職員、長岡吉之さん(56)=江府町=、スキー指導員、山根里志さん(49)=島根県安来市=と、いずれもスキー場ボランティアスタッフの藤崎浩行さんと松本直紀さん。

奥大山スキー場は、中国地方の最高峰、大山(1729メートル)の南側に位置し、4本のコースと2本のリフトがある。31日午前7時現在の積雪は約60センチだった。
(産経新聞)

鳥取のスキー場で雪崩、4人死亡