ライトアップされ闇の中に浮かび上がった樹氷=山形市・蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近 山形市の蔵王温泉スキー場で27日夜、樹氷ライトアップの試験点灯が行われた。蔵王が誇る「アイスモンスター」が緑や赤色のライトに照らされ、雪原にカラフルに浮かび上がった。

会場は蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅付近。樹氷は今月24日まで天候に恵まれず小ぶりだったが、25日から強い冬型の気圧配置となったことで一気に“成長”。

気温が氷点下7〜13度という厳寒の中、例年の同じ時期より大きくなっているという。試験点灯時は風が強く視界がすっきりとしなかったが、それでもライトに照らされると自然が生み出す見事な造形を広範囲に見ることができた。

ライトアップの期間は、29日〜1月3日と、8〜17日までの土−月曜、22日〜2月28日の毎日。時間は午後5〜同9時。ロープウエーの上り最終受け付けは午後7時50分。問い合わせは蔵王ロープウェイ023(694)9518。
(山形新聞)