尾花沢・花笠高原スキー場がオープン尾花沢市の花笠高原スキー場のスキー場開きが18日、同所で行われ、40センチ近い雪が積もった同所で関係者が無事故とにぎわいを願った。

安全祈願祭とオープンセレモニーには加藤国洋市長や市職員、地元のスポーツ少年団員ら約60人が出席。神事の後、加藤市長が「スキー人口は徐々に減ってきてはいるが、多くの人に来てもらい、にぎわいをつくろう」とあいさつした。

尾花沢アルペンスポーツ少年団と鶴子アルペンスポーツ少年団の団員20人が「祝花笠高原スキー場オープン」と書かれたプラカードを持って滑走するデモンストレーションを行った。

鶴子アルペンスポ少の常盤中3年荒井武瑠君(15)は「雪が降るのが遅くて心配だったが、滑れる状態になって良かった。いっぱい滑りたい」と話していた。

スキー場は初級から上級までの3コースがあり、営業時間は金、土、日、月曜日と祝日は午前9時〜午後9時、火、水、木曜日は午後1〜9時。3月末まで営業する。
(山形新聞)