スノーボードのワールドカップ(W杯)は17日、米コロラド州テルライドでスノーボードクロスの第3戦が行われ、男子はピエール・ボーティエ(フランス)が制して今季初勝利、W杯通算11勝目をマークした。

女子はドミニク・マルタ(カナダ)が3連勝で通算6勝目を挙げた。

日本勢は男子の荒井崇紀(大垣協会)が50位に終わり、女子の藤森由香(アルビレックス新潟)は棄権した。
(時事通信)