スノーボードのW杯は16日に米コロラド州テルライドでパラレル大回転を行い、女子の竹内智香(広島ホームテレビ)は準々決勝で敗れて8位だった。

家根谷依里(へそ曲りク)は32位。フレンジ・マガートコーリ(スイス)が優勝した。男子はロック・フランデル(スロベニア)が勝ち、戸崎啓貴(ナッツ)は41位、斯波正樹(ジャパンファクトリー)は失格した。
(スポニチアネックス)