開業20周年を迎えた湯沢町の「ガーラ湯沢スキー場」が10日、オープンした。

ガーラ湯沢は90年12月、新幹線駅とゴンドラで直結するスキー場として開業し、話題を呼んだ。今年は降雪が遅れ、この日は1コースのみでの営業開始となった。

初めて同スキー場を訪れたという埼玉県鳩ケ谷市、専門学校生、永吉勝哉さん(19)は「駅からスキー場にすぐ行けるのは便利。雪も滑りやすかった」と笑顔で話した。

同スキー場の営業は11年5月5日まで。JR東日本新潟支社では「ガーラ湯沢駅開業20周年記念入場券」(大人・子ども各1枚付きで210円)を販売している。
(毎日新聞)