山形市の蔵王温泉スキー場を縦断する「蔵王中央ロープウェイ」が、故障のため運休している。ゴンドラを引き上げるワイヤに亀裂が入ったのが原因で、営業再開は来月上旬の見通し。

運営会社によると、4日に試運転をした際、長さ約1800メートル、太さ約26ミリの鋼鉄製ワイヤが損傷した。ワイヤはメーカーの受注生産で、年内をめどに納入されるが、交換工事や安全点検に時間がかかるという。

ゴンドラは101人乗りが2台あり、スキー客の大半が利用。蔵王温泉スキー場は11日現在、雪不足で滑走できない。
(河北新報)