スノーボード界に登場した世界に挑める新星・平岡 卓君に密着しました。スノーボード界に、世界に挑める新星が登場しました。父親との二人三脚でソチオリンピックの金メダルを目指す平岡 卓君(15)に密着しました。

目の前に迫りくる巨大な壁を、己の度胸とテクニックで乗り越えるスノーボード・ハーフパイプ。
高く、鮮やかに。
世界に挑む中学3年生・平岡 卓君は、「(スノーボードの魅力は)スリルとかがあって、跳んでたら気持ちいいところ」と話した。

世界で活躍するスノーボーダーたち。
そのイメージは、総じて派手で奇抜なファッションであったりと、華やかな感がある。

ところが、平岡君は、通学のヘルメットが似合う、どこにでもいる中学生。
奈良・御所市に住む平岡君は、シャイな性格からクラスでも控えめな存在。

しかし、クラスメートは、「体育の時間とか、周りと一味違う感じ」、「頭、めっちゃいい!」、「めっちゃいいな!」などと話した。
練習は、自宅の庭に設置した特大のトランポリン。

これで、空中での感覚を養ったという。
そのかいあってか、2010年に初参戦した世界大会で、いきなり準優勝を飾る快挙を成し遂げた。

そのうえ、表彰台に上った平岡君以外の2人は、バンクーバーオリンピックで入賞を果たした強豪。
日本の中学生が、一躍、世界の注目を浴びることになった。

そんな平岡君を支えるものは、市役所に勤務する父・賢治さん(51)。
賢治さんは、平岡君のスノーボードの先生でもある。

平岡君には、毎週金曜日、恒例となっていることがある。
父・賢治さんの運転で、一番近い練習場がある愛媛まで長距離移動。

金曜の夜に出発し、練習を終え帰ってくるのは、月曜の朝。
自宅のある奈良・御所市から愛媛・東温市までは、片道およそ350kmの道のり。

この平岡君のための生活は、もう8年も続いている。
父・賢治さんは「(息子が)上手になっているのを見ているのは、楽しいですね。オリンピックは、家族全員の夢」と話した。

息子にかけられる父の愛情と期待。
早朝、きれいに整備された練習場で、思う存分、技を磨く平岡君。

自分のため、そして家族のため。
平岡君は、「お父さんには感謝しています。毎週、送ってくれたりしているんで。オリンピックで金メダル取って、恩返ししたい」と話した。

父と子の二人三脚。
親子で世界の頂点を目指す。
(FNN)