妙高市スキー100周年祭実行委員会(土屋博実行委員長)は6日、来年1月15、16日を中心に妙高スキー場エリアで開催する「妙高スキー100年祭」の事業計画をまとめた。

1月15〜21日を「妙高スキー100周年ウイーク」と銘打って、杉野沢、赤倉、池の平、妙高の各温泉地が日帰り入浴などのサービスを100円で提供。

中心行事は「スキー100周年感謝祭」で、15、16の両日、赤倉観光リゾートスキー場周辺で開催する。

15日は「夜の部」(午後6時〜同9時)で、どんど焼きや花火大会、地元の太鼓演奏、たいまつ滑走のほか、妙高、上越、糸魚川3市の鍋や甘酒、おしるこなどを売る100円屋台が登場する。

16日は「昼の部」(午前9時〜正午)で、子どもたちがスキーでゲレンデ内のチェックポイントを回り、ゴールを目指すイベントや、100年前に旧オーストリア・ハンガリー帝国軍人のレルヒ少佐が伝えた「一本杖(つえ)スキー」などの披露、妙高エリアのスキー場レストランのカレーを集めたB級グルメ「妙高ゲレンデカレー選手権」(1皿100円)などが開かれる。
(asahi.com)